FC2ブログ

100年先を思い、建築をつくる

07.04 Thu | Category: COLUMN

去る20世紀をひとことで言うと、「技術革新」という言葉が真っ先に頭に浮かびます。そして、この技術革新は、世界中の経済を拡大させ、都市部を中心に大きな変化をもたらしました。その結果、都市に人口が集中していきました。また、それと同時に、自然はどんどん排除されていきました。人間は自然を支配できると信じていたのです。少なくとも、そう振舞ってきました。

しかし、私たちは2年前の大きな出来事により、人間の信じたテクノロジーは、自然の圧倒的な力の前で、無力であることを知ってしまったのです。

かつて、未来都市に夢を描いた人たちと同様に、今に生きる私たちも、これからの100年先を思う意識を高める必要があると思うのです。

syogyoumujou

自然と共生する人間のための建築は、大量生産できるものでしょうか。均一化した建築は、人間をも均一化させてはいないだろうか、と思うのです。

あなたの理想的な居場所について、一緒に考えませんか。

にほんブログ村 建築デザイン
スポンサーサイト



<< 今を生きる私たちの矛盾 | home | メタボリズムな建築 >>

comment

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 BLOG TOP