FC2ブログ

"風を感じる家" 外壁下地

08.14 Tue | Category: Casa di Brezza

現場では外壁モルタルのための下地がほぼ整ってきました。防水シートの上、ラスカットを張り、目地を埋めて下地が整います。

Casa di Brezza

そして、南側と北側に計画したバルコニーには、手摺を取り付けるためのボルトを仕込み、外壁が仕上がるとそこにスチール製の手摺のフレームが取り付けられるというわけです。

Casa di Brezza_balcony

balcony

職人さんの手で取り付けられたフレームには柿渋塗装された角材が取り付けられる手摺は上の図面に示すようですが、この角材は家族のみんなで取り付けるよう計画しています。それは、みんなで創る建築をやりたいという私の考えに基づくもので、より愛着を感じて欲しいと思うからです。もちろんこれはクライアントによって方法は異なります。あくまでもより愛着を感じてもらうことが目的ですから。この提案を快諾したクライアントだからこその計画ということになります。これも"Z+EST Design"のひとつです。

にほんブログ村 建築デザイン
スポンサーサイト



 BLOG TOP